脱毛サロンで医療行為は出来ませんよ!

脱毛サロンで医療行為は出来ませんよ!

脱毛サロンで医療行為は出来ませんよ!

 

脱毛サロンで行う脱毛を永久脱毛だと思っている人もいますが、はたして脱毛サロンで行う脱毛は、どう定義付けをされているのでしょうか。ここでは脱毛サロンの脱毛のあり方について、お話していきたいと思います。

 

まず結論から先に言いますと永久脱毛は医療行為であり、脱毛サロンは医療機関ではないため医療行為は出来ず、従って永久脱毛を行うことは出来ません。具体的には医師法第17条に医師免許のある人に許可している脱毛の方法について規定しており、これを脱毛サロンのスタッフが行うことは、医師法違反になってしまうのです。実際には、「用いる機器が医療用であってもなくても、レーザー光線或いはその他の強力なエネルギーを発する光線を毛根部分に照射して、毛乳頭や皮脂腺閉口部等を破壊する方法」が、それに該当し、これは脱毛サロンで行ってはいけないことになっているのです。

 

エステサロンでの脱毛サロンは、日本エステティック振興協議会によって定義された「美容ライト脱毛」に該当します。これは、「除毛・減毛を目的に皮ふに負担を与えず、毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行われる光脱毛」という風に規定されています。脱毛サロンで使われている脱毛機は、毛乳頭や毛の幹細胞を破壊しない程度のエネルギーでトリートメントをし、永久脱毛よりは減毛を目的とした機械なのです。そのため脱毛サロンの脱毛の施術に於いては、「永久脱毛」という言葉は一切使ってはいけないことになっており、半永久的或いは毛が生えてくるのを遅くする、殆ど自己処理が要らなくなる等の表現に止めるようにと、定められているのです。実際にも永久脱毛、つまり医療行為を行うことは出来ないのです。

 

また医療機関で行うレーザー脱毛で使うレーザー脱毛機と、脱毛サロンの光脱毛で使う光脱毛機とでは、出力レベルに大きな差があり、光脱毛では全く永久に毛が生えてこなくなる、永久脱毛の効果は期待出来ないのです。但しこれも個人差があり、人によっては半永久的に毛が生えてこなくなる人もいます。ただ医療機関で行うレーザー脱毛でも、厳密に言いますと、本当に永久に毛が生えてこなくなるように出来るわけではありません。出力の大きいレーザー脱毛機で施術してもそうなのですから、それより出力の低い光脱毛機を使った脱毛で、永久脱毛が出来ないのは当然なのです。もし「永久脱毛をします」と銘打って、営業をしている脱毛サロンがあったら、それは医師法に違反した違法営業ということになりますから、そういう脱毛サロンは、決して利用しないようにしましょう。

 
トップへ戻る