脱毛サロンでしつこい勧誘の断り方とは

 

脱毛サロンを利用したことのない人は、脱毛サロンはしつこく勧誘されるところだというイメージを持ちやすいと思うのですが、確かに以前脱毛サロンの勧誘が、かなりしつこかったのは事実です。しかし今はあまり凄い勧誘をすると敬遠されてしまいますので、しつこくするということは、なくなってきているそうです。特に今は脱毛サロンの数が急増しているため、しつこい勧誘で敬遠されるのは経営陣にとっては死活問題ですから、そういったことは内場になってきています。とは言うものの、そういった風潮がおさまったわけではありませんので、まだ一部にはしつこく勧誘してくる脱毛サロンもあります。そこでここでは、脱毛サロンでのしつこい勧誘の断り方について、お話していきたいと思います。

 

まずしつこく勧誘してくる脱毛サロンは、通う回数が多くなるほど勧誘の度合いを強める傾向がありますから、通い始めの内にハッキリ断っておく必要があります。この手の脱毛サロンは、最初にお得なサービス等で新規の顧客を引きつけて上手く誘導して、高い料金のコースへ変更させたり高価な美容アイテムを購入させようと、しつこい勧誘をしてきます。最初の内に断っておきませんと、勧誘はエスカレートしていくだけですので、早めに断っておくことは本当に大切なのです。1番いいのは余計なことを一切言わずに、ハッキリと要らない、変えない、買わないときっぱり断ることです。遠回しな表現や、やんわりとした断り方は、まだ付け入る隙があると思われてしまいますから、決してしないようにしましょう。

 

具体的には別の部位を勧められた場合は、「親や家族に聞いてみないとわかりません。今は仕事中で確認がとれませんから無理です。」等と言うと良いと思います。未成年であればこれは殊に有効ですし、大人であっても、「我が家はそういう方針ですから」で押し通せばいいでしょう。高いコースを案内された場合でも、同じこと言っても構いませんが、「きょうはこの後予定があり(予定の内容と時間を言う)、すぐには決められない」と言って断ってみてください。美容アイテムを勧められた場合は、「もう経済的に余裕がないので無理です」と言って断ってみましょう。また何か勧誘をされない内に「勧誘をしてくるサロンは苦手です」と言うか、「前に行っていた脱毛サロンは、勧誘がしつこくて大変だったので、こちらにきました」とさり気なく言って、牽制しておくのも効果的です。

 

また無料体験だけを試したい場合には、「他の所も色々試していて、勧誘してくる所は断っています」と最初に言っておくと、相手のプライドを傷付けないで断ることが出来ると思います。これらはあくまでも初心者向けの断り方ですので、脱毛サロンに慣れている人は、自分独自の言い方で断り方を考えると良いでしょう。とにかく明確にノーと断ることが、しつこく勧誘されないためには、とても重要であることをよく覚えておいてください。

 
トップへ戻る