ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスの選び方について考えてみませんか?

 

ここではブライダル脱毛との関連として、ウェディングドレスの選び方について考えてみましょう。

 

記憶に残る良い結婚式にするにはダイエットや脱毛も大切ですが、何と言っても大事なのは、TPOに合ったウェディングドレスを選ぶことではないでしょうか。そこでここでは、ウェディングドレスの選び方について、お話していきたいと思います。ドレスを選ぶ基準になるのは、ドレスを着ることによってどんな雰囲気にしたいのか、どんなテイストが好みなのか(可愛い・シンプル・ゴージャス)、体型(長身でスリムかぽっちゃりか、小柄でスリムかぽっちゃりか、中肉中背か等)、挙式のスタイルはどんなものか(教会式・ホテルと式場の披露宴・レストランやガーデン・海外)等の事柄になります。また会場の広さや歩きやすいかどうかも、選ぶ基準となるので確認してください。

 

次にTPOに合ったドレスを選ぶために知っておきたいドレスの主なスタイルについて、お話していきたいと思います。ウェディングドレスの型(シルエット)は、大きく分けて5つあります。まず1つ目はAラインです。この型はウェストの1が高めで上半身から裾にかけて、徐々に広がっていくスタイルですので、アルファベットのAの形に似ているところから、Aラインと呼ばれています。シンプル且つ上品なスタイルであることから、着る人の体型を限定しないため大変人気が高く、ウェストの切り替えがないことが縦の流れを強調しているため、身長を高く見せることが出来ます。スタイルをよく見せやすいドレスではありますが、小柄な人ならヒールを履くのもお勧めです。

 

そして2つ目はプリンセスラインです。このスタイルはウェストでラインの切り替えがあり、スカートの部分が裾に向かって大きく膨らんでいる、ウェディングドレス定番の正統派です。スカート部分にエアリー感を出しますと、華やかで可愛らしい印象になります。誰でも着こなしやすく、マタニティドレスを兼ねることも可能です。スカート部分はバニエで調節します。ドレスにボリューム感がありますので、遠くからでもラインがハッキリと見えて映えやすいドレスと言えます。

 

3つ目はマーメイドラインです。このスタイルのドレスは上半身から腰まで身体にフィットし、裾に向けて魚の尾びれのように広がる形が、マーメイドのように見えるところから、マーメイドラインと呼ばれています。デザインにメリハリがあり、女性らしい身体の曲線美を見せられるので、スタイルに自信のない女性でも着ることが出来ます。裾の部分にだけギャザーやフレアーを入れて広がりを抑えたり、逆にフリルやドレープを入れて華やかに見せてもいいでしょう。

 

4つ目はエンパイアラインです。このスタイルのドレスは、胸から下の切り替えのスカート部分の多いドレスです。小柄でも脚が長く見え、裾が直線的になって広がりを抑えていますので、年齢を問わず着られるドレスです。ウェストを締め付けないので、マタニティドレスにもなります。最期の5つ目はスレンダーラインです。これは身体のラインを強調する細身のデザインなので、長身でほっそりした女性に向きです。型としてはシンプルですので小物選びも大切です。レストランやガーデンでの結婚式に着ると良いでしょう。

 
トップへ戻る